スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





オープンマイク

江古田倶楽部でオープンマイクを始めて何年になるのだろう? 5年以上は経つかな? 
もっと長いとは思うが、よく分からない。

参加者もいろいろ推移して、内容も大分変化してきたように思う。
それの良し悪しは参加者それぞれの判断に委ねるが、それらを傍観してきた立場で言うと、
当初の「どんちゃん騒ぎ的全員参加型」から「個別発表会型」へと漸進してきたように見える。

仲間で愉しく異種混合で全員で騒ごう、というやり方の面白さもあるが、仲間感覚を強調すると出演者が常連化してしまう傾向は否めない。その点でいうと、個人演奏を明確化してきた昨今は、いろんな新しい人がやってきて参加できる流れができたようだ。

江古田倶楽部でオープンマイクが始まった由来と、広くあちこちの店がオープンマイクを始めた理由との間になにかの接点や共通点があるのかどうかも知らないのであるが、これらのイベントが広まっている理由の一つは「弾き語り」の復興ということなのだろう。さすがに世の中の流行はもはや弾き語りからバンドものに切り替わっているけれども、弾き語りの演者が増えたことがオープンマイク勃興の要因には違いない。

出演者には、出演交渉やノルマ負担のないオープンマイクのような場だけを探してあちこちで演奏している人も少なからずいる。
やや誤解されるようだが、老舗で料金をとる店で演奏している方がタダの場を探してやってる人より上手い、ということはない。それらは演者個人の志向の都合、演奏時間の都合、懐具合の都合、店の都合等々であるから、一概に括ることはできないのだ。

演奏したいという人にとってありがたいオープンマイクであるが、聴く人にとってもいろんな人のいろんなあり方が垣間見れる場として、なかなか面白い場なのである。勿論、「ナンだかなあ」という部類の方もいらっしゃるわけであるが、それだけを延々と聴かされることにはならないから、それはそれで一興なのである。

byEN




スポンサーサイト





プロフィール

EN

Author:EN
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
●EN-ZO……
江古田倶楽部サイトの管理人
●taj……
江古田倶楽部 mixiの管理人
●taru……
江古田倶楽部の肝煎り(世話人)

我ら三名にて、本ブログで
四方山話を展開していきます。

江古田倶楽部にある有形・無形の
諸々を紹介する「えこくら博物誌」
も、どーぞよろしくです!!

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
15455位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。