スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ライブばかり

二三年まえから漸増していたライブ数が、ここに来て爆発的に増えて、やってない日が月の1/3という状態になってきた。

これは店主の意向なので、やりたいようにやるのを見ているだけ。当人が疲労で倒れるようなことがないように、飲酒を止めてくれればいいのだが。

ライブを行なう店である「ライブハウス」でなくて「ライブもやるバー」の場合、ライブ数が増えることは単純に歓迎すべき事態とは言えない。特に、「ライブをやってた方が、ただのバータイムよりも客の入りがマシ」という状況であれば、どこか苦し紛れ的でもあるからだ。

妙な比較だが、飲食店が開業当初になかったメニューをやたら増やすようになったらヤバい、という感じに似たものがないとも言えないのだ。

いくつかのライブバーを見ていると、売り上げの減少が問題化してきた際に、この「新しい料理始めました」方式でライブ数を増やす店と、水もののライブよりも地道なバー稼業に重点を戻す店に分かれるようだ。

こういうとエコクラのライブ数の増加も窮余の一策と聞こえるだろうが、ヤミクモにコマ数を増やすために演者を増やしているわけではなく、これまでのライブ活動の中から生まれた成果としての演奏者の拡大であるから、それは十分に評価していいものなのだ。それは、近隣でジャズライブをやっている「そるとぴーなつ」のライブ数が増え、なおかつレベルの高い演奏者のライブが増えているということと同じく、時代の流れに沿った一つの戦略として肯定してしかるべきものだろう。

でもまあ、ライブの根幹は、なによりも店に来て聴いてくれよ、ということなのだ。 Youtube等で演奏は手軽に、しかもタダで見聞できるけれども、なんというか、エロサイトのフリー動画で抜いてばかりいないで、お店に行って生身のテクで抜いてもらえよってなところだろうか。身銭切って、たまには外れに出くわすことも必要なのだ若者よ。

by EN

スポンサーサイト





プロフィール

EN

Author:EN
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
●EN-ZO……
江古田倶楽部サイトの管理人
●taj……
江古田倶楽部 mixiの管理人
●taru……
江古田倶楽部の肝煎り(世話人)

我ら三名にて、本ブログで
四方山話を展開していきます。

江古田倶楽部にある有形・無形の
諸々を紹介する「えこくら博物誌」
も、どーぞよろしくです!!

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
15455位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。