スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ブッキング

昨年の7月に休業するまでは、店のライブ演奏のブッキングはすべてマスター(店主)が仕切っていた。今も昔もマスターはEメールを使わないし、ネットを見る手段もないから、ブッキングは店での対面交渉か、店の電話でのやりとりだけだった。

昨年12月にハギママ店長で再開するにあたって、ブッキングを原則的にメール受付にすることにした。その方が店のサイトに掲示しているスケジュール更新に都合がいいし、申し込む側にも便利だからだ。

10ヶ月ほどそのやり方をやってみて、問題点は色々出てきた。何よりも、サイト管理者である小生のミスが少なくないという点が一番悩ましいところだ。

それと、これまで全く店と縁のなかった方々からの演奏申し込みが増えた。これは喜ばしいことであるけれど、悩みでもある。マスターが全て仕切っている時は、マスターの一存で決定して、それがどんな演奏者でも誰も文句を言う筋合いじゃないし、マスターも取り合わなかった。あまりに何でも受け入れるので呆れるところもあったけれど、それが江古田倶楽部の特色でもあったわけだ。

しかし、アシスタントである我々がその真似をするのは難しい。オーディションをやったり音源審査をやったりというのは江古田倶楽部のしきたりとしてやらないけれども、全くの未知の人で、YOUTUBEなどに上がってるものもないという人の申し入れをすんなり受けるのにはどうしても躊躇が生じる。申し込んで来たからやらせてみたらとんでもない下手くそで客の怒りを買った、なんてことになったらマスターにも客にも申し訳ない、などとつい考えてしまうわけだ。実際には、わけのわからない奴のひど過ぎる演奏と実力派ミュージシャンの演奏とが交錯するのが江古田倶楽部ではあるんだけれども。

そんな悩みの中、マスターは12月あたりに店へ復帰したいと考えているようだから、なるべく早くその辺りの判断を任せたいと思っている。
スポンサーサイト





プロフィール

EN

Author:EN
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
●EN-ZO……
江古田倶楽部サイトの管理人
●taj……
江古田倶楽部 mixiの管理人
●taru……
江古田倶楽部の肝煎り(世話人)

我ら三名にて、本ブログで
四方山話を展開していきます。

江古田倶楽部にある有形・無形の
諸々を紹介する「えこくら博物誌」
も、どーぞよろしくです!!

FC2カウンター
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
15455位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。